歯を失った時の選択肢 歯牙移植

歯牙移植について

歯の移植とは

歯の移植とは

虫歯や不慮の事故などが原因で、歯を失ってしまうことがあります。歯は、失った状態で放置しておくと、歯並びや噛み合わせのバランスが崩れて、さまざまな不具合を引き起こします。お口の中だけでなく消化器官などにも負担がかかるようになり、全身の健康にも悪影響を及ぼす深刻な事態を招くこともあるのです。

失った歯を取り戻す治療の1つに「歯牙移植(歯の移植)」があります。歯が抜けた部分に、患者様ご自身の歯を抜いて移植する治療法です。抜歯した部分に親知らずや過剰歯など、条件に合った歯を移植します。

自分の歯を移植するメリット

ご自身の歯を移植する最大のメリットは、歯根膜(顎骨に歯を固定させる靭帯のような組織)も同時に移植できることです。歯と一緒に歯根膜を移植すると、噛み心地が正しく脳に伝達されるため、通常の歯の感覚を保つことが可能となります。

インプラントが人工臓器(人工歯根)の移植であるのに対し、 歯牙移植は天然臓器の移植といえるでしょう。そのため、歯牙移植をすると自然な噛み心地を取り戻すことができます。 当院では、高度な技術と豊富な経験を持つ専門医が、患者様のお口と歯の状態を詳細に検査し、治療計画をご提案いたします。安心して治療をお受けください。

歯牙移植の条件

歯牙移植は、誰でも受けられる治療ではなく、いくつかの条件があります。下記のチェックリストで、移植可能かどうかご確認ください。

  • 不必要な歯(ドナー歯)があること。
  • 移植する歯が歯周病にかかっていない歯であること。
  • 移植する歯の根が単根か複雑な形ではないこと。
  • 移植する場所に歯の大きさが類似(サイズがあってる)していること。
  • 患者様の年齢が比較的若いこと(40歳ぐらいまでが予後は良い)。

移植条件に適しているか判断するためには、精密な診断を受けることをおすすめします。治療のご相談は、狛江市成城の歯科、ガクデンタルクリニックにお気軽にどうぞ。

PAGE TOP

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから