睡眠時無呼吸症候群・いびき治療

睡眠時無呼吸症候群・いびき治療について

実は危険な症状 いびき

実は危険な症状 いびき

いびきは、眠っている自分自身では気付きにくい症状です。家族やパートナーから指摘され、気付いたという方も多いのでないでしょうか。いびきは、睡眠時の呼吸に問題が起こっているサイン。周囲から指摘されるほど慢性化している場合は、呼吸器系に危険な症状が起きているからかもしれません。

健康状態が良好だと自分自身では思っていても、重篤な症状に発展する可能性も秘めています。一度医師の診断を受けることをおすすめします。

いびきの原因

いびきは睡眠時に気道が狭まることが原因で起こる症状です。睡眠中は筋肉がゆるむため、舌の付け根などが喉の奥に落ち気道を狭めます。通常では気道が狭まっても十分なスペースがあるためいびきをかくことはありませんが、口呼吸などの要因が重なると気道がさらに閉塞するため、いびきをかくのです。

この気道がもっと狭まると「睡眠時無呼吸症候群」といわれる病気を発症する恐れがあります。


【いびきが起こりやすい要因】
・肥満
・口呼吸
・仰向け寝

睡眠時無呼吸症候群について

眠っている間に、数秒間呼吸が止まってしまう病気です。肥満や口呼吸などが原因で気道が塞がれてしまい、眠っている間に何回も無呼吸の状態になるケースもあります。夜中に何回も目が覚めたり、朝になっても疲れが取れないなどの症状が見られるのが特徴です。しっかりと睡眠がとれないため、全身の倦怠感や日中の強い眠気などで日常生活に支障をきたしたり、命を脅かす可能性もあります。

睡眠時無呼吸症候群により起こる問題
・日中、仕事中や運転中などでも強い眠気に襲われる
・集中力・やる気の低下
・精神的に不安定な状態になる
・酸素不足により、脳・血管・心臓に負担がかかる
・突然死の危険性がある
こんな症状、ありませんか?
□ いびきをかいて寝ている
□ 肥満の症状がある、昔より太った
□ 夜中に息苦しさを感じて目覚めたことがある
□ 夜中に何度も目が覚める
□ 朝、目覚めが悪く疲労感がとれない
□ 目が覚めると頭痛やのどの渇きを感じる
□ 昼間に我慢できないほどの睡魔に襲われる

狛江市の歯医者ガクデンタルクリニックでは、いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療も行っています。当てはまる症状がありましたら、一度当院へお問い合わせください。

いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療方法

マウスピースを使った治療(スプリント治療)

一般的にいびき・睡眠時無呼吸症候群の治療には大型の治療機器が使われています。「CPAP(シーパップ)」と呼ばれる空気を送り込む箱型の機器で、眠っている間マスクを装着し、睡眠時の呼吸をサポートしてくれます。優れた機器ですが大型のため自宅以外で使用するのが難しいという難点がありました。

マウスピース

当院では、マウスピースを使った「スプリント治療」を採用しております。患者様のお口の状態をしっかりと診断し、その方専用のマウスピースを作製。寝る前に装着いただき、起床時に外すので、日常生活に無理なく取り入れていただけます。マウスピースを装着することで、下顎の位置を調整し睡眠時の気道確保が可能です。狛江市でスプリント治療をお探しなら、ガクデンタルクリニックへご相談ください。

マウスピースによる治療が適用となる方
・顎関節に問題がない
・虫歯などの治療が完了している
・お口の健康状態に問題がない

※歯科医師の判断により、呼吸器系内科への受診をおすすめする場合もございます。

PAGE TOP

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから