治療ではなく予防の時代

予防・定期検診について

虫歯は、治療よりも「予防」が重要です

虫歯は、治療よりも「予防」が重要です

歯は、歯医者で適切な治療を受ければ治すことができます。しかし詰め物などで機能的には回復できても、元通りにまで戻すことはできません。「痛いから病院」ではなく「痛くなる前に通院」というメインテナンス習慣が大切なのです。

狛江市の歯科「ガクデンタルクリニック」では、お口の健康を守るには「予防」が重要なカギだと考えております。早期発見・治療を心がけ、定期検診やクリーニングなどで患者様のお口の健康をサポートします。

予防意識の低い日本の現状

こちらの表は定期検診を受ける人の割合と歯の残存数を、歯科先進国と日本で比較したものです。定期検診が習慣化している国では80歳の残存数が圧倒的に多いことがわかります。それに比べ、日本人の歯の残存数の少なさに驚かれるのではないでしょうか。これは、日本の予防歯科に対する意識がまだまだ低いということを示しています。

近年の研究では、歯科による定期検診を受けていれば80歳まで多くの歯を残せることが証明されています。今まで定期検診を受けていない方でも、これから習慣化するだけで、より多くの歯を残すことができるようになるのです。

ガクデンタルクリニックの予防メニュー

定期検診
常に口腔内を清潔にしているつもりでも、自分自身のケアには限界がありますので歯科によるメインテナンスが必要になります。定期検診はお口の健康診断。虫歯や歯周病がないかしっかりとチェックし、ブラッシングでは取りきれない汚れのクリーニングを行います。
歯科によるクリーニング「PMTC」
ブラッシングで取り除けない細菌の塊(バイオフィルム)や歯石を、専用の器具を使って徹底的に除去するクリーニングです。虫歯や歯周病の予防に有効で、口臭や着色汚れなどの予防にも効果があります。
ブラッシング指導
歯の生え方や向きなどは人それぞれ違います。患者様一人ひとりの歯の状態に合わせた、正しいブラッシング方法を歯科衛生士がわかりやすく指導。ブラッシングの力加減や、磨き残ししやすい場所なども丁寧にもお伝えします。
フッ化物塗布
クリーニングをした歯の表面にフッ素を塗布します。定期的なフッ化物塗布によって虫歯になりにくい強い歯質に導きます。
生活習慣の指導
お口の健康は食事やブラッシングだけでなく、睡眠などの生活習慣によっても大きく影響を受けます。患者様のお口の状態をチェックし、気になる症状が見られた場合、カウンセリングや指導を行っています。
唾液検査
唾液を検査することで、虫歯の原因やなりやすさ、予防法を知ることができます。狛江市で精密な唾液検査をご希望なら、狛江市成城の歯医者ガクデンタルクリニックへご相談ください。詳細なデータを元に、患者様に最適な予防法をご提案いたします。

PAGE TOP

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから