誰にも起こりうる症状「顎関節症」

顎関節症

顎関節症とは

「顎関節症」とは顎の関節や顎を動かす筋肉の痛み、関節を動かしたときの雑音、開口障害や顎の動きの異常などを主な症状とする、慢性疾患群の総括的診断名です(「総括診断名」というのは、症状をおおまかにまとめた病気の概念を表すものです)。

症状

  • 大きく口をあけると痛い
  • 硬いものを噛むと耳の周りが痛い
  • 大きく口があかない、またはあきづらい
  • 朝起きたときに顎がダルい
  • 頭の筋肉が痛いことがある(特に側頭付近)

上記のような症状が大部分ですが、この他にも口をあけるとひっかかりがあるなど様々です。

原因

本来顎関節は、上顎のくぼんだ関節と下顎の突き出た関節の間にある「関節円盤」という座布団のような軟骨が緩衝材となりスムーズに動きます。
その関節円盤が、悪い咬み合わせや食いしばりなどにより押しつぶされると動きが悪くなり、あきづらくなったり、痛みが出てきたりします。これらが顎関節症の症状です。

顎関節症の症状 顎関節症の症状 奥歯の高さが十分かつ正常な咬み合わせの場合
下顎頭と額関節のくぼみに正常なスペースができるので、顎関節症を発症しません。
顎関節症の症状 奥歯の高さが足りなくて咬み込みが深い場合
下顎頭は額関節のくぼみにあたってしまうので、顎関節症を発症しやすくなります。

顎関節症の治療について

顎関節症は筋肉の状態(疲労やこわばり)や精神状態(ストレスによる食いしばりなど)に左右されるので、完治しづらいといわれています。
当院では、痛みなどの症状をなくし、日常生活に支障をきたさないよう、顎関節に負担がかからないようにしていきます。
いわゆる、顎の関節と歯がストレスなく調和した状態にすることを目標として、一つひとつの処置を慎重に行います。

  • 「スプリント」という装置を装着し、顎の筋肉をリラックスさせます
  • 顎の動きがスムーズになり、諸症状が改善されます
  • 顎の適正な運動の障害となる歯を調整します
  • さらなる微調整を行います
  • 経過観察を行います
スプリントとは

スプリントとは

顎関節症の治療の際に使用されるマウスピースです。
「バイトプレート」と呼ばれることもあります。スプリントを使用することで低位咬合時の顎位を安定させます。


PAGE TOP

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから