ガクデンタルクリニックのコンセプト「できるだけ天然歯にダメージを与えない」

一般歯科・無痛治療

ガクデンタルクリニックの一般歯科

ガクデンタルクリニックの一般歯科

一般歯科では、主に虫歯治療が行われます。誰もがご存じの虫歯ですが、メカニズムをご存じの方は少ないのではないでしょうか?
虫歯とは、口腔内に潜むミュータンス菌などの虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を栄養にして出した酸により歯が溶ける病気です。
虫歯の進行は5段階に分けられ、段階によって治療法が異なります。
しかし、初期段階では自覚症状がないため自身では気付きにくく、気付いたときにはある程度進行していることも少なくありません。


ガクデンタルクリニックの虫歯治療

ガクデンタルクリニックの虫歯治療

ガクデンタルクリニックでは、「できるだけ天然歯にダメージを与えない」をコンセプトに、できるだけ歯を削らない治療を行っています。

これは、国際歯科連盟(FDI)により2000年に提唱された「MI(Minimal Intervention)=最小の侵襲」という考えに基づいています。

MIにおける治療では、細菌に感染してしまった部分のみを除去し、健康な歯質の除去を最小限にする方法が採られます。

また、当院では審美性にも重点を置き、なるべく金属を使わずに歯と同じ色の素材を用いて治療にあたっています。

ガクデンタルクリニックの虫歯治療

虫歯の原因は、上記にもある通りはっきりしています。そのため、裏を返せば予防しやすい病気ともいえます。
虫歯に効果的な予防法としては、PMTCがあります。

PMTC
PMTC
毎日、隅々まで磨いていてもプラークなどの汚れは残ってしまうものです。
このプラークに棲みつく何億もの細菌が虫歯の原因。この汚れを歯科衛生士が専門的な器具を使って徹底的にクリーニングする処置がPMTCです。
PMTCにより、虫歯予防だけでなく、歯質強化やステイン除去など、ご自身の大切な歯を長持ちさせる効果が期待できます。
痛みを感じたり、歯医者さん特有のイヤな機械音がしたりしないため、リラックスしてお受けいただけます。

無痛治療への取り組み

一般的に治療の際には、痛みをなくすために麻酔が使われます。
しかし従来の麻酔では、痛みをなくすための麻酔に注射の痛みを伴ってしまうといった本末転倒のことが起きていました。
当院ではその現実を受け止め、「麻酔は痛みを感じさせないもので、痛みを与えるものではない」と原点に立ち返り、痛みのない治療のための取り組みを行っています。

痛くない麻酔のために

表面麻酔
表面麻酔
綿球に特殊な麻酔薬を塗り、注射する部位を3分ほど麻酔します(舌側や上顎の内側には適しません)。
浸潤麻酔 通常、麻酔薬が注入される際に痛みが生じます。
その痛みは注入されるスピードにより度合いが異なるため、電動注射筒を使用し注入スピードを一定にコントロールして痛みを減らします。
麻酔
カートリッジウォーマー
浸潤麻酔
麻酔薬を体温と同じ温度に保ち、刺激を少なくすることにより痛みを減らします。
細い注射針 痛みを抑えるため、細い針を使用します。

上記処置にももちろん個人差はありますが、麻酔の注射をされたことにまったく気付かない患者様もいらっしゃいます。

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから


PAGE TOP