「見た目が不自然」「噛めない」を払拭した入れ歯があります

入れ歯

入れ歯の種類について

失ってしまった歯を補う治療法として、もっともポピュラーな方法が入れ歯です。比較的短期間・安価で作製できることがメリットのひとつで、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。

部分入れ歯 1~複数本の歯を失ってしまった場合に使用されます。残っている健康な歯に留め金をひっかけて入れ歯を固定するため、健康な歯に負担がかかるだけでなく、見た目にも若干違和感が生じます。
総入れ歯 すべての歯を失ってしまった場合に使用されます。用いる素材によっては見た目に違和感が生じたり、食事や会話が楽しめなくなったりというケースもあります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

部分入れ歯と総入れ歯の2種類がある入れ歯ですが、保険が適用するものとされないものにも分類できます。患者様のご希望により選択いただけます。

保険の入れ歯 用いる素材(主にプラスチック)に制限があり、審美性の高さにも限界がありますが、安価に作製できます。
自費の入れ歯 保険が適用されないため高額にはなるものの、用いる素材に制限がないため審美性・機能性に優れた入れ歯を作製できます。

当院の入れ歯について

入れ歯に対する患者様のご要望は人それぞれ。
当院では、患者様の様々なニーズにお応えできる多種の入れ歯をご用意しています。
食事・会話が楽しめ、見た目も自然な金属床入れ歯や、磁石を応用した磁性アタッチメント義歯など。また、入れ歯とインプラントを併用した方法も行っています。

入れ歯は日々進化し続けています。
患者様に常に最新の入れ歯をご提供できるよう、現在も大学での勉強を積み重ね、今後も患者様の快適な生活のサポートをしていきたいと考えています。

金属床入れ歯

金属床入れ歯

上顎の内側(床)にあたる部分が金属でできています。
プラスチックより薄くつくることができるため、食べものの熱を感じやすく食事を楽しめます。
また、発音にも影響はありません。金属の材質には、主にゴールド、チタン、コバルトなどがあります。


磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

磁力を利用して固定する入れ歯です。
残っている歯根に取り付けた専用の磁性体と、人工歯に埋め込んだ磁石を強く引き合わせてぴったりフィットさせる、というメカニズムです。着脱が楽なのでお手入れが簡単です。


ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」とは、留め金(金属のバネ)のこと。ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使用しない入れ歯(デンチャー)です。見た目が自然で、金属アレルギーの心配もありません。


この他にも様々な入れ歯を取り扱っています。 患者様の希望や症状・状態に合わせてご提案しますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP

ご質問・ご相談など お問い合わせはこちらから